2012年07月21日

介護施設のFacebookアプリ開発

介護施設のFacebookアプリ開発のコツ

Facebookがナスダックに上場するまでに大きく成長を遂げた理由の一つに、Facebookを開発者に開放し、希望する人全てが、膨大な蓄積されたソーシャルグラフ・データを利用して、自由にアプリケーションを開発できるプラットフォーム戦略にあります。
Facebookアプリ開発にあたっては、Facebookアプリケーションが稼動する場所を把握する必要があるでしょう。
当然Facebook上での稼動が主な場所になりますが、それ以外の場所として、主に3つの場所でFacebookアプリケーションを稼動させることができます。
スマートフォンに代表されるモバイル端末。
そしてFacebook内の各ページ。
もう一つはFacebook以外のWEBサイトやブログ上です。
現実に、日本と比較してFacebookがはるかに普及しているアメリカでは、Facebook以外のWEBサイトを閲覧していても、Facebookとの連携機能を頻繁に目にします。

posted by きよ at 10:09| 介護システム

2012年07月07日

介護システムもWeb用のシステム開発



今私は、Webシステム開発をしています。
最近流行のクラウドシステムです。
Web系のシステムは思った以上に大変です。
何が大変かと申しますと、システムを見る機種がたくさんあるからです。
ブラウザの種類もたくさんありますし、見る端末もパソコンだけとは限りません。
タブレットで見る方もいますし、今の時代は携帯から見る方も多数おられます。
どの機種どのブラウザで閲覧されても、画面が崩れることなく綺麗に表示しなければいけないので大変なのです。
画面はタグというものを使って書かれています。
機種によっては対応していないタグがあります。
対応していないタグが使用されていると画面が崩れてしまうのです。
どのタグが良くてどのタグがダメなのかを判別するのが非常に大変でした。
まだまだシステム開発で完成するまで1年近くかかります。
また別の問題がきっと出てくると思います。
そんな時はチーム全員で問題を解決し、良いシステムができるように力を合わせて取り組みたいと思います。
介護システムを探すなら⇛システム開発のSYSTEMGETE

posted by きよ at 16:48| 介護システム